着物を自分らしく個性豊かに楽しみたい方に向けた情報サイト

おはしょりの処理、サイズが大きい時の方法

着物のサイズが大きい時に、おはしょりを調整する方法についてご紹介いたしますのでぜひ参考にしましょう。

おはしょりが長い状態で帯を結んでしまうとグチャグチャとした仕上がりになってしまいますので、腰紐まで結んだ状態になったら、腰紐部分のシワを取り除いて、いつものようにおはしょりを整えましょう。

胸紐を結んだら、おはしょりの中に手を入れて、おはしょりの丈を上げて適度な長さに整えてから腰紐を結びましょう。

後ろ側がグチャグチャになっている場合には、胸紐と腰紐の間の部分を引っ張りつつ形を整えると良いでしょう。

おはしょりの長さは骨盤の腰骨の辺りが適切だと言われていますので、きちんと整えて綺麗に着物を着こなしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る